2019年09月17日

努力論 (岩波文庫)【幸田露伴】



努力している,もしくは努力せんとしている,ということを忘れていて,我がなせることがおのずからなる努力であってほしい」.何かをなそうとしても,ままならぬことの多いこの世の中で,いたずらに悩み苦しまずに,...続きは本文で

【 著者 】 幸田露伴
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
「努力している,もしくは努力せんとしている,ということを忘れていて,我がなせることがおのずからなる努力であってほしい」.何かをなそうとしても,ままならぬことの多いこの世の中で,いたずらに悩み苦しまずに,のびのびと勢いよく生きるにはどうすればよいか-人生の達人露伴の説く人生論.(解説=中野孝次)
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       運命と人力と
着手の処
自己の革新
惜福の説
分福の説
植福の説
努力の堆積
修学の四標的
凡庸の資質と卓絶せる事功
接物宜従厚
四季と一身と
疾病の説
静光動光
進潮退潮
説気 山下語

【書籍情報】
文庫:323ページ
出版社:岩波書店; 改版
言語:日本語
梱包サイズ:14.6 x 10.6 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  人生論・生と死
  評論 エッセイ 随筆
  努力論 (岩波文庫)
  TM_110925-0128
  文庫
  4003101235
  幸田 露伴
  一般向け
  岩波書店
  近代:明治以後
  哲学



【関連図書】


五重塔(岩波文庫)

幸田露伴の語録に学ぶ自己修養法

幻談・観画談他三篇(岩波文庫)

沖縄の島守―内務官僚かく戦えり…

努力論(いつか読んでみたかった…

連環記他一篇(岩波文庫)


posted by BookReviewer at 07:50| 死生観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする