2019年09月15日

"脱北"―― 金正日政権の恐怖の暮らしから逃げた少女パク・ヨンミ



脱北"―― 金正日政権の恐怖の暮らしから逃げた少女パク・ヨンミ。 いかなる危険を覚悟しても、自由を手にしようとした少女と、その家族の選択の物語。 13歳まで過ごした北朝鮮での地獄のような日々、そ...続きは本文で

【 著者 】 パク・ヨンミ
【 評価 】 4.7
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
"脱北"―― 金正日政権の恐怖の暮らしから逃げた少女パク・ヨンミ。


いかなる危険を覚悟しても、自由を手にしようとした少女と、その家族の選択の物語。

13歳まで過ごした北朝鮮での地獄のような日々、そして北朝鮮から母親とともに鴨緑江を渡って中国に入った夜から、韓国に着いて新しい人生を歩みだすまでの2年間に自らが体験した、
それまで彼女の母親しか知ることのなかった―過酷で悲惨な―想像を絶する出来事を、本書ではじめて語る。
世界15カ国で翻訳化。今、世界が最も注目する衝撃のノンフィクション、待望の邦訳がついに刊行。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:326ページ
出版社:辰巳出版
言語:日本語
梱包サイズ:19 x 13.2 x 2.6 cm

【本書のキーワード】
  生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った
  辰巳出版
  記録
  朝鮮半島
  記録.手記.ルポルタージュ
  政治
  満園 真木
  0098
  4777816095
  パク・ヨンミ



【関連図書】


7つの名前を持つ少女

北朝鮮 14号管理所からの脱出

脱北者(BANSEIPOCKE…

私は絶対許さない15歳で集団レ…

自由を盗んだ少年——北朝鮮悪童…

拉致と決断(新潮文庫)


posted by BookReviewer at 12:43| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする