2019年09月08日

ASEANに進出し工場や事務所を開設するときの社会保険実務を解説



SEANに進出し工場や事務所を開設するときの社会保険実務を解説。○日本から派遣した日本人従業員およびその家族の社会保険の適用・給付はどうなるのか○現地で採用した雇用者に対する現地労働法制はどうなってい...続きは本文で

【 著者 】 近藤 師昭
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
ASEANに進出し工場や事務所を開設するときの社会保険実務を解説。
○日本から派遣した日本人従業員およびその家族の社会保険の適用・給付はどうなるのか
○現地で採用した雇用者に対する現地労働法制はどうなっているか
○日本の社会保障にあたる医療保険・年金制度の適用や給付水準、さらに企業・雇用者の社会保険料はどのくらいか
……………
海外進出を考える企業・事業主、相談相手となる社会保険労務士の必携
以下、「はしがき」より
日本企業の海外進出は今やアセアン諸国に向かっている。大企業は自力で情報収集しリスク分析を行い海外進出を行っている。中堅企業の事業主は海外進出に伴うリスクがどのような、また、どの程度あるかを調査する手段はもちろん、その十分な人材・経費も持たない。海外に工場や事務所を開設するときのリスクとは何か、例えば、
○日本から派遣した日本人従業員およびその家族の社会保険の適用・給付はどうなるのか
○現地で採用した雇用者に対する現地労働法制はどうなっているか
○日本の社会保障にあたる医療保険・年金制度の適用や給付水準、さらに企業・雇用者の社会保険料はどのくらいか
などである。海外進出を考える企業・事業主は進出による賃金以外の企業負担がどの程度になるか、その情報を求めている。
本書は、これから海外進出する企業・事業主とその相談相手となる社会保険労務士の助けになればと考え最小限の情報をまとめた冊子である。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:196ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:21.2 x 14.8 x 1.5 cm

【本書のキーワード】
  4492701427
  近藤 師昭
  香取 美惠子
  中西 智恵子
  福祉国家論
  村山 令二
  木村 美知子
  東洋経済新報社
  年金綜合研究所
  社会保障
  赤松 勇
  社会保険
  坪野 剛司
  ASEANの社会保険実務
  椎野 登貴子
  水谷 三恵子
  アジア
  藤井 しのぶ
  太田 雅美
  経済
  3034



【関連図書】


医療政策を問いなおす:国民皆保…


posted by BookReviewer at 17:01| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする