2019年09月02日

分断社会ニッポン (朝日新書)【井手英策】



金にみる正規・非正規の格差、 男女間の格差は広がるばかり。 「1億総活躍社会」を唱えるだけでは何も変わらない。 今、最優先でやるべきことは何か? 異色の最強トリオが語り尽くす! 世帯所得が歴史的低下...続きは本文で

【 著者 】 井手英策
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
賃金にみる正規・非正規の格差、
男女間の格差は広がるばかり。
「1億総活躍社会」を唱えるだけでは何も変わらない。
今、最優先でやるべきことは何か?
異色の最強トリオが語り尽くす!

世帯所得が歴史的低下を続け、家計貯蓄率はゼロに接近。
働いても食えない、貯蓄できない。
そんな社会に広がるのは、転落におびえる「中間層」の叫びだ。
所得、世代、地域、性別など社会のいたるところに入った無数の分断線を埋めるにはどうしたらいいのか。

【目次】
第1章 正規・非正規をどうするか
・人びとを信頼しない国
・給料アップなら非正規でもいいか
・ファシズムの賃金論
・雇用のミスマッチ
・賃金カーブで見る少子化問題
・中小企業と最低賃金引き上げ
・JR東労組、日本原燃、創価学会
・月給を上げるか、保育施設をつくるか
・一家に主婦は二人いらない
・昭和的な文化
・拠点となる場所と人と思想
・ワークシェアリングの基礎

第2章 高齢者問題をどうするか
・「介護殺人」の悲劇
・伝統的家族制度との折り合い
・「尊厳ある生」をまっとうする
・高齢者医療無償化の陰で
・自らの生命に終止符を打てるか
・「生涯現役」とナチスが始めた健康診断
・命が商品化される生命保険
・永遠に生きたい
・孤独死のないコミュニティー
・「尊厳格差」の衝撃

第3章 子どもの貧困問題と本当の教育
・子どもの貧困、児童虐待、ネグレクト
・乳児院の子どもは泣かない
・年収八〇〇万の層が恐れている
・教育の右肩下がりと「米百俵」
・ロシアのエリートシステムの実態
・自助、共助、公助のバランス
・ニーズのベストミックス
・良き納税者をつくる
・消費税一%でできること
・給料アップと訓練プログラム
・本当の学歴社会が始まる

第4章 税金と財源の問題
・極めてまともな話
・税のベストミックス
・大々的な仕掛けでエクスキューズ
・団塊世代と相続税
・相続税の性格に合う仕組み
・地方税法を変える
・地方公務員の構造的問題
・地方に経営能力はあるか
・国税と地方税の使い分け
・モラルハザードを起こさせない

第5章 成長するし、幸福にもなる
・生活保護は恥か
・現金給付から現物給付へ
・成長が目的ではない、しかし成長は目指す
・モサドに見る性善説と性悪説
・公立病院は無駄が多い
・「八ツ場ダム」の反省
・社会のニーズと改革
・トランプ、サンダースが出てきた真の理由
・政治家の資質

第6章 「国民の物語」をどう描くか
・イデオロギッシュに断罪しない
・広がる「異常」の閾値
・「あるべき論」のトラウマ
・人生の中に物語はあるか
・歴史を貫く宗教的価値
・ソフトファシズムの問題
・マザー・テレサと陸軍中野学校
・メニューとレトリックを提示する
「分断社会」を終わらせる15のポイント

渾身の書き下ろしも!

・努力するチャンスすら奪う社会(井手英策)
・尊厳ある国家 (前原誠司)
・「なぜ分断社会はいけないのか」の哲学的了解(佐藤 優)

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:224ページ
出版社:朝日新聞出版
言語:日本語
商品パッケージの寸法:17.2 x 10.7 x 1.1 cm

【本書のキーワード】
  井手英策
  佐藤優
  4022736801
  朝日新聞出版
  分断社会ニッポン (朝日新書)
  論文集.評論集.講演集
  日本論・日本人論
  前原誠司
  0236
  社会



【関連図書】


分断社会・日本――なぜ私たちは…

分断社会を終わらせる:「だれも…

財政から読みとく日本社会――君…

18歳からの格差論

核と戦争のリスク北朝鮮・アメリ…

『資本論』の核心純粋な資本主義…


posted by BookReviewer at 16:50| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする