2019年06月25日

よく晴れた日にイランへ【蔵前仁一】



ランはきびしい原理主義の国ではない。今こそ、イスラームの地、イランの普通の人々の、普通の生活を知ろう。美しくきびしい自然と親切な人々。イランの人々と語り明かしながら、ザグロス山脈の山奥の村を訪ね、遊牧...続きは本文で

【 著者 】 蔵前仁一
【 評価 】 2.3
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
イランはきびしい原理主義の国ではない。
今こそ、イスラームの地、イランの普通の人々の、普通の生活を知ろう。
美しくきびしい自然と親切な人々。
イランの人々と語り明かしながら、
ザグロス山脈の山奥の村を訪ね、
遊牧民を探し求めた蔵前仁一のイラン紀行。
ガイドブックには出てこないイランの美しい見どころをご紹介します。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       テヘランからタブリーズへ
       

テヘランに到着/テヘランの素っ気ない街並み/イランのネット・通信事情/ヘジャブが問題/旧アメリカ大使館を見る/列車に乗ってタブリーズへ/タブリーズの美しい山へ/イランのミニカッパドキア/親切なイラン人現る
       クルド人の村
       

クルド人の街サナンダジ/イラン人のホスピタリティ/イラク国境地帯の村パランガン/さらに国境地帯を行く
       ハマダーンの「親切なイラン人」
       

高級ホテルに宿泊/イランの絨毯/恋しいニホン
       カーシャーンのバーザール
       

奇妙な形の建物がある街/カーシャーンの伝統的邸宅/俺はオーストラリアへ行きたい/バーザールの異空間
       ザグロス山脈の村へ
       

大観光都市エスファハーン/ザグロス山脈の村へわけいる/イランの大統領は操り人形か?
       遊牧民を探して
       

遊牧民はどこにいる?/カシュガイ遊牧民
       泥壁の街ヤズド
       

月世界のような風景/ヤズドの伝統的住宅/親切だけどいいかげんなツーリスト・インフォメーション/ヤズド郊外へのツアー/きびしい検問/中国人旅行者
       聖地マシュハド
       

マシュハドへの長いバス旅行/マシュハドの雨
       
       【コラム】イランの車事情
       【コラム】イランの遊牧民
       イラン旅行情報


【書籍情報】
単行本:222ページ
出版社:旅行人
言語:日本語
商品パッケージの寸法:21 x 14.8 x 2.5 cm

【本書のキーワード】
  地理.地誌.紀行.イラン[ペルシア]
  随筆
  蔵前仁一
  地理・地誌・紀行
  4947702737
  よく晴れた日にイランへ
  旅行人
  アジア



【関連図書】


[雑誌]旅行人166号(インド…

バルカンの花、コーカサスの虹

E06地球の歩き方イランペルシ…

「個人主義」大国イラン:群れな…

ペルシア

ディープすぎるユーラシア縦断鉄…


posted by BookReviewer at 09:02| ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする