2019年06月16日

昭和天皇が遺した一万首とされる御製には、戦乱から繁栄へと変化を遂げた時代の色が、そして波瀾に満ちた天皇自身の人生が投影されている



和天皇が遺した一万首とされる御製には、戦乱から繁栄へと変化を遂げた時代の色が、そして波瀾に満ちた天皇自身の人生が投影されている。昭和史に精通した作家と歌人が、百七十首余を徹底討論。昭和天皇の新たな実像...続きは本文で

【 著者 】 辺見 じゅん
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
昭和天皇が遺した一万首とされる御製には、戦乱から繁栄へと変化を遂げた時代の色が、そして波瀾に満ちた天皇自身の人生が投影されている。昭和史に精通した作家と歌人が、百七十首余を徹底討論。昭和天皇の新たな実像が浮かび上がる。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:238ページ
出版社:文藝春秋 (2012/02)
言語:日本語
発売日:2012/02
梱包サイズ:17.2 x 10.8 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  日本史
  辺見 じゅん
  よみがえる昭和天皇―御製で読み解く87年 (文春新書)
  昭和史
  文藝春秋
  歌人伝・研究
  保阪 正康
  天皇
  4166608452



【関連図書】


昭和天皇御製にたどるご生涯

天皇皇后両陛下慰霊と祈りの御製…

収容所(ラーゲリ)から来た遺書…


posted by BookReviewer at 00:53| 歴史・地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする