2019年03月27日

米国防省やEUが人工知能開発に巨額予算を投じる真意とは



国防省やEUが人工知能開発に巨額予算を投じる真意とは?2045年にコンピュータの能力が人類を超えるという説がある。実際に、近年のコンピュータの進化はその説に沿っており、またいま欧米では人工知能開発に一...続きは本文で

【 著者 】 松田卓也
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
米国防省やEUが人工知能開発に巨額予算を投じる真意とは?
2045年にコンピュータの能力が人類を超えるという説がある。
実際に、近年のコンピュータの進化はその説に沿っており、またいま欧米では人工知能開発に一層の拍車がかかっている。
意識を備えたコンピュータが人類を支配するという映画『マトリックス』などで描かれてきたSFの世界が、現実になるかもしれないのだ。
コンピュータと人類の未来を展望する。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:223ページ
出版社:廣済堂出版
言語:日本語
梱包サイズ:17.2 x 11 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  4331516830
  コンピュータ・情報処理
  松田 卓也
  アナログ計算機
  2045年問題 コンピュータが人類を超える日 (廣済堂新書)
  廣済堂出版
  総記
  電子計算機:ディジタル計算機



【関連図書】


人類を超えるAIは日本から生ま…

グーグル―Google既存のビ…

ウェブ進化論本当の大変化はこれ…

シンギュラリティは近い[エッセ…

ポスト・ヒューマン誕生コンピュ…

AIの衝撃人工知能は人類の敵か…


posted by BookReviewer at 14:38| 新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする