2019年03月26日

福島原発事故や学校のいじめ問題などにおいて、アカウンタビリティは今日いっそう重要性が増している



島原発事故や学校のいじめ問題などにおいて、アカウンタビリティは今日いっそう重要性が増している。 にもかかわらず、この「アカウンタビリティ」は「説明責任」と訳されてしまい、本来の意味と違って理解・使用さ...続きは本文で

【 著者 】 山本 清
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
福島原発事故や学校のいじめ問題などにおいて、アカウンタビリティは今日いっそう重要性が増している。
にもかかわらず、この「アカウンタビリティ」は「説明責任」と訳されてしまい、本来の意味と違って理解・使用されている。
本書はその概念を正確に紹介し、企業経営・行政のみならず、日本社会の諸問題にとってのアカウンタビリティの重要性を説く。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:248ページ
出版社:エヌティティ出版
言語:日本語
梱包サイズ:19 x 13.2 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  理論.方法論
  経営学・経営理論
  エヌティティ出版
  4757123094
  アカウンタビリティを考える―どうして「説明責任」になったのか
  行政法
  経済
  山本 清



【関連図書】


なぜ、「異論」のでない組織は間…

タテ社会の力学(講談社学術文庫…

原子力損害賠償制度の研究――東…

産業・組織心理学エッセンシャル…

大前研一「新・資本論」―見えな…

日本の禍機(講談社学術文庫)


posted by BookReviewer at 20:31| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする