2019年03月26日

戦後の日本は「国家観」「歴史観」について語ることを、ずっとタブー視してきた



後の日本は「国家観」「歴史観」について語ることを、ずっとタブー視してきた。そして冷戦の終結を経て、現代を生きる日本人の多くが「グローバル化する世界で“国家の役割"は大きく減退するはず」と、世界の潮流か...続きは本文で

【 著者 】 中西輝政
【 評価 】 4.7
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
戦後の日本は「国家観」「歴史観」について語ることを、ずっとタブー視してきた。そして冷戦の終結を経て、現代を生きる日本人の多くが「グローバル化する世界で“国家の役割"は大きく減退するはず」と、世界の潮流から外れる全く誤った見方をしていた。その最も大きな帰結は、日本人が内向きの平和志向となり、国際情勢の大きな視野を完全に失ってしまったことだ。
日本人の歴史、命、財産をいかに守るべきか――。
本書は、日本を代表する国際政治学者である著者が、次代の政治家としてこの国を継ぐ者たちへ、戦後に失われた「国家観」「歴史観」を学ぶことで、正しいリーダー論と世界を見る目を説いた“白熱授業"を完全収録。
「『空気』と『密教』の日本政治」「日本は本当に『三等国』なのか」「保守のリーダーは融通無碍」「日本文明の本質は『連続』にあり」など、透徹したリアリズムに基づく講義を展開していく。
世界を見よ、今こそ日本は目覚めるとき。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:187ページ
出版社:PHP研究所
言語:日本語
梱包サイズ:15 x 10.4 x 0.5 cm

【本書のキーワード】
  0130
  日本人として知っておきたい外交の授業 (PHP文庫)
  PHP研究所
  中西 輝政
  日本政治・行政
  4569763936
  外交.国際問題.日本
  政治



【関連図書】


日本人が知らない世界と日本の見…

日本人としてこれだけは知ってお…

日本人として知っておきたい「世…

日本人として知っておきたい近代…

中国外交の大失敗(PHP新書)

アメリカ帝国衰亡論・序説


posted by BookReviewer at 17:07| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする