2019年03月22日

機能不全の政治・社会を突破する唯一の可能性



能不全の政治・社会を突破する唯一の可能性。 パターナリズム(温情主義、父権主義)が含み持つ可能性と限界を理解することは、機能不全をおこしている政治・社会を乗りこえるために重要である。 パターナリズム...続きは本文で

【 著者 】 宮台真司
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
機能不全の政治・社会を突破する唯一の可能性。

パターナリズム(温情主義、父権主義)が含み持つ可能性と限界を理解することは、機能不全をおこしている政治・社会を乗りこえるために重要である。
パターナリズムはどう位置づけられるのか、その有用性は本当に正当化可能なのか、といった問いを念頭に、政策、理論、教育、思想の各方面から考察する。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:307ページ
出版社:エヌティティ出版
言語:日本語
梱包サイズ:40 x 30.8 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  現代位相研究所
  宮台 真司
  自由と平等
  国家と個人:基本的人権
  思想・信教の自由
  4757142986
  政治学・政治史
  集会・結社の自由
  知る権利
  エヌティティ出版
  統治・自律・民主主義―パターナリズムの政治社会学
  プライバシー
  言論・出版の自由
  政治社会学
  政治



【関連図書】


〈文化〉を捉え直す――カルチュ…

感情で釣られる人々なぜ理性は負…

悪という希望――「生そのもの」…

正義から享楽へ-映画は近代の幻…

政治の理論(中公叢書)

正義論の名著(ちくま新書)


posted by BookReviewer at 00:35| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする