2019年03月21日

「一瞬不帰」人生は長いように見えて、その正体は一瞬の積み重ねである



一瞬不帰」人生は長いように見えて、その正体は一瞬の積み重ねである。十九歳で特攻隊に志願したとき、「人生は終わった」と覚悟した。終戦を迎えて生き残ったとき、「あとの人生は余禄だ」と思った。しかし、その後...続きは本文で

【 著者 】 安藤 昇
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
「一瞬不帰」人生は長いように見えて、その正体は一瞬の積み重ねである。十九歳で特攻隊に志願したとき、「人生は終わった」と覚悟した。終戦を迎えて生き残ったとき、「あとの人生は余禄だ」と思った。しかし、その後には、安藤組の結成から解散までの波乱の道のりが続いていた。これは、激動の時代を駆け抜けた安藤昇の目を通した戦後ヤクザ史である。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:239ページ
出版社:ベストブック
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 12.8 x 2 cm

【本書のキーワード】
  反社会集団
  ノンフィクション
  日本文学
  4831401498
  安藤昇の戦後ヤクザ史 昭和風雲録 (ベストセレクト 817)
  記録
  侠客.極道.博徒.暴力団.やくざ
  安藤 昇
  ベストブック



【関連図書】


激闘!闇の帝王安藤昇

男の覚悟

男の終い仕度

映画俳優安藤昇(ワイズ出版映画…

男の品位

自伝安藤昇


posted by BookReviewer at 15:40| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする