2019年03月21日

持続可能な低炭素社会をめざして―石油・石炭・原子力エネルギーに変わる新しい環境・エネルギー政策を切り拓く



続可能な低炭素社会をめざして―石油・石炭・原子力エネルギーに変わる新しい環境・エネルギー政策を切り拓く!エネルギー政策の政治経済学的分析と欧米諸国の先進事例から、2050年に向けた日本のエネルギー政策...続きは本文で

【 著者 】 大島堅一
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
持続可能な低炭素社会をめざして―石油・石炭・原子力エネルギーに変わる新しい環境・エネルギー政策を切り拓く!エネルギー政策の政治経済学的分析と欧米諸国の先進事例から、2050年に向けた日本のエネルギー政策のあり方を考える。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:319ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:21.4 x 15.4 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  東洋経済新報社
  再生可能エネルギーの政治経済学
  大島 堅一
  経済学
  工業動力.エネルギー
  経済
  4492800832



【関連図書】


原発のコスト――エネルギー転換…

再生可能エネルギーの社会化--…

季刊『環境ビジネス』2018年…

エネルギー産業の2050年Ut…

再生可能エネルギー政策の国際比…

緑のエネルギー原論


posted by BookReviewer at 12:54| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする