2019年03月14日

脳、カオス、サーカディアン・リズム―物理的対象の差異を超え、リズム現象に内在する普遍性を「数理」の視点から解明する



、カオス、サーカディアン・リズム―物理的対象の差異を超え、リズム現象に内在する普遍性を「数理」の視点から解明する。...続きは本文で

【 著者 】 蔵本由紀
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
脳、カオス、サーカディアン・リズム―物理的対象の差異を超え、リズム現象に内在する普遍性を「数理」の視点から解明する。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:242ページ
出版社:東京大学出版会
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 15.6 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  蔵本 由紀
  位相解析.関数解析
  一般向け
  東京大学出版会
  全書・叢書
  数学
  4130640917
  リズム現象の世界 (非線形・非平衡現象の数理)
  振動学.音響学



【関連図書】


同期現象の科学:位相記述による…

非線形科学同期する世界(集英社…

非線形科学(集英社新書408G…

ストロガッツ非線形ダイナミクス…

生物リズムと力学系(シリーズ・…

爆発と凝集(非線形・非平衡現象…


posted by BookReviewer at 03:39| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする