2019年03月13日

富士山トポグラフィー 増補版 (Ichigei Library)【橋詰静子】



士山にまつわる名作から、作者の心のふるさとをたどる。北村透谷・立原正秋・川端康成らの思い出のトポス。...続きは本文で

【 著者 】 橋詰静子
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
富士山にまつわる名作から、作者の心のふるさとをたどる。北村透谷・立原正秋・川端康成らの思い出のトポス。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       第1章 北村透谷のトポス(銀座煉瓦街と国府津―水の活力
       小田原―批判精神をはぐくむ ほか)
       第2章 立原正秋のトポス(三島―東富士地下水脈の治癒力『きぬた』の世界
       鎌倉―闇夜を彩る火の文学『薪能』 ほか)
       第3章 川端康成・井上靖のトポス(長谷―観音霊場の康成
       伊豆湯ヶ島―温泉文学と観音信仰『虹いくたび』の“銀の乳碗” ほか)
       第4章 中里恒子・大原富枝・幸田文のトポス(京都小倉山―しぐれともみじの日本文学『時雨の記』
       土佐帰全山・向島―この父の子『婉という女』『流れる』)

【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):254ページ
出版社:一藝社; 増補版
言語:日本語
梱包サイズ:18.6 x 13 x 2 cm

【本書のキーワード】
  近代:明治以後.作家の伝記[作家研究].文芸時評
  一藝社
  4901253719
  作家論・作品論
  日本文学
  一般向け
  001-94373
  富士山トポグラフィー 増補版 (Ichigei Library)
  橋詰 静子


posted by BookReviewer at 23:51| ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする