2019年03月03日

自分の田舎を愛するがあまり生まれる他地域への対抗意識



分の田舎を愛するがあまり生まれる他地域への対抗意識。あまりに些細すぎる地域間バトルをおもしろおかしく紹介。人気ドラマ『あまちゃん』や「マイルドヤンキー」に代表される、「地元愛」。しかし、郷土を愛するが...続きは本文で

【 著者 】 浅井 建爾
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
自分の田舎を愛するがあまり生まれる他地域への対抗意識。あまりに些細すぎる地域間バトルをおもしろおかしく紹介。

人気ドラマ『あまちゃん』や「マイルドヤンキー」に代表される、「地元愛」。しかし、郷土を愛するがあまり、他県や他地域への強烈な対抗意識が生まれることも。人はつい地元のことになると、「絶対うちのほうが都会」「いや、うちのほうが東京に近いから都会」、はたまた「うちは京都の荘園があった」「うちは京都に食料を送る御食国だった」、さらには「スタバもタリーズもうちのほうが数が多い! 」「妖怪の数ならうちが圧勝! 」などなど、他人からしたらどーでもいいことに熱くなってしまうのです。でも、こんな感情は必ず誰もが持っています。だってどんな人にも必ず地元はあるのですから。たとえ地元が好きじゃない人でも、地元のことを悪く言われると、必ずしもよい感情は芽生えないでしょう。本書では、巷伝わる、どうもうまくいっていない県や市町村同士のバトルを、面白おかしく書いてみました。読んだらきっと、地元に帰りたくなるはずですよ。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       1 ライバル対決―都道府県編(埼玉県×千葉県―“関東ナンバー3”の座をめぐる熾烈な争い
       栃木県×茨城県―海のない観光県と山のない経済県
       静岡県×山梨県―「表富士」は静岡県か山梨県か
       鳥取県×島根県―「山のかげ」にある最も人口の少ない田舎県
       福島県×山口県―千円札が伊藤博文から野口英世になったわけ ほか)
       2 ライバル対決―市区編(浦和区×大宮区―県庁と市役所は浦和、新幹線駅と自動車のナンバーは大宮
       松戸市×柏市―都市力の松戸市、経済力の柏市
       前橋市×高崎市―両市が合併すれば政令指定都市になれるのだが…
       青森市×弘前市―「ねぶた」の青森と「ねぷた」の弘前
       福島市×郡山市―県庁移転がしこりを残す ほか)

【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):192ページ
出版社:主婦の友社
言語:日本語
梱包サイズ:17.6 x 12 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  社会
  0095
  日本全国因縁のライバル対決44
  浅井 建爾
  主婦の友社
  雑学・知識
  政治・経済・社会・文化事情.日本
  地理.地誌.紀行.日本
  4072978566



【関連図書】


車窓から日本を再発見!全国ロー…


posted by BookReviewer at 00:34| 趣味・実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする