2019年03月02日

「萩原朔太郎」の亡霊 (角川文庫)【内田康夫】



原朔太郎の詩さながらに演出されたオブジェのような異様な死体。元刑事須貝国雄と警視庁で名探偵の異名をとる岡部警部、二人は出遭うことなく、それぞれの捜査を開始した。(吉村達也)...続きは本文で

【 著者 】 内田康夫
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
萩原朔太郎の詩さながらに演出されたオブジェのような異様な死体。元刑事須貝国雄と警視庁で名探偵の異名をとる岡部警部、二人は出遭うことなく、それぞれの捜査を開始した。(吉村達也)

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:318ページ
出版社:角川書店
言語:日本語
梱包サイズ:15 x 10.4 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  一般向け
  4041607248
  「萩原朔太郎」の亡霊 (角川文庫)
  小説 物語
  日本の小説
  内田康夫
  近代:明治以後
  内田 康夫
  文庫
  日本文学
  角川書店



【関連図書】


平家伝説殺人事件(角川文庫)

本因坊殺人事件(角川文庫(60…

王将たちの謝肉祭(幻冬舎文庫)

新装版死者の木霊(講談社文庫)

倉敷殺人事件:〈日本の旅情×傑…

シーラカンス殺人事件(祥伝社文…


posted by BookReviewer at 14:30| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする