2019年03月02日

本書は、社会の多角的な要望に応える柔軟性のある頭脳をもつ化学者を育てるために、学問の基本の一つである有機化学の教科書としてふさわしいものである



書は、社会の多角的な要望に応える柔軟性のある頭脳をもつ化学者を育てるために、学問の基本の一つである有機化学の教科書としてふさわしいものである。本書は高校で学んだ化学を基礎として、知識を詰め込むだけにな...続きは本文で

【 著者 】 ボルハルト
【 評価 】 4.4
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
本書は、社会の多角的な要望に応える柔軟性のある頭脳をもつ化学者を育てるために、学問の基本の一つである有機化学の教科書としてふさわしいものである。本書は高校で学んだ化学を基礎として、知識を詰め込むだけにならないように厳選された有機化学の基本を学び、化学の面白さを認識してもらうとともに、なぜそうなるかを理解したうえで、自分で考える力をつけ、応用が利くように導く教育をめざしている。従来はいたずらに断片的な知識を詰め込んだために展開力に欠け、有機化学全体を捉える広い視野をもてずに化学自体に興味を失ってしまうことも多かったが、本書はこのようなことが起こらないよう工夫されている。また学生諸君に有機化学を何のために学んでいるのかを実感してもらうために、生物学、医学、そして産業への有機化学の応用を話題として取り上げるとともに、有機化学の主要な使命は新しい材料や製品の合成であることを示し、また各章に実生活に結びついた化学的な現象と有機化合物の働きを「ハイライト」に取り上げ解説している。本書では、(1)有機化学の視覚化につとめ、(2)重要な概念を見失わないために各章の最後に「概観」と題する節を設け、(3)種類と難易度の異なる問題を設け、その一部については取り組み方を示すなどにより、理解を確実なものとするようにしている。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       有機分子の構造と結合
       構造と反応性:酸と塩基、極性分子と非極性分子
       アルカンの反応:結合解離エネルギー、ラジカルによるハロゲン化ならびに相対的反応性
       シクロアルカン
       立体異性体
       ハロアルカンの性質と反応:二分子求核置換反応
       ハロアルカンの反応:一分子求核置換反応と脱離反応の経路
       ヒドロキシ官能基:アルコール性質、合成および合成戦略
       アルコールの反応とエーテルの化学
       NMR分光法による構造決定
       アルケンとIR分光法
       アルケンの反応アルキン:炭素-炭素三重結合
       非局在化したπ電子系:紫外および可視分光法による研究

【書籍情報】
単行本:735ページ
出版社:化学同人; 第4版 (2004/03)
言語:日本語
発売日:2004/03
梱包サイズ:25.6 x 19.4 x 3 cm

【本書のキーワード】
  化学同人
  講義用テキスト
  ボルハルト・ショアー現代有機化学〈上〉
  化学
  野依 良治
  Neil E. Schore
  4759809635
  大嶌 幸一郎
  ボルハルト
  有機化学
  K.Peter C. Vollhardt
  戸部 義人
  村橋 俊一
  古賀 憲司
  小田嶋 和徳
  小松 満男
  ショアー



【関連図書】


ボルハルト・ショアー現代有機化…

シュライバー無機化学〈上〉

ボルハルト・ショアー現代有機化…


posted by BookReviewer at 12:09| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする