2019年02月16日

図解入門ビジネス最新企業価値評価の考え方と実践がよ~くわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)【笠原 真人】



業価値(企業価値評価)の入門書です。 前著「最新企業価値評価の基本と仕組みがよ~くわかる本 IFRS対応」が出版されてから4年以上が経過し、我が国の経済環境は大きく変化しました。 IFRSを導入す...続きは本文で

【 著者 】 笠原 真人
【 評価 】 4.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
企業価値(企業価値評価)の入門書です。

前著「最新企業価値評価の基本と仕組みがよ~くわかる本 IFRS対応」が出版されてから4年以上が経過し、我が国の経済環境は大きく変化しました。

IFRSを導入する企業は増えているものの、強制適用は見送られているのが実情です。

一方で、コーポレートガバナンス・コードが導入されるようになりまた。コーポレートガバナンス・コードにおけるキーワードの一つに資本効率性があります。

また、アベノミクスを背景に企業の成長についても注目されています。

本書は、企業価値評価になじみのない多くのビジネスマンに、企業価値評価の概念とフレームワークをわかりやすく伝えることを目的としています。企業価値評価の専門書では、テクニカルな面を詳細に説明しています。一方で、図解等を中心とする超入門書では,キーワードを知ることはできても、企業価値に関する体系的な理解は困難と思われます。

本書では、上記の資本効率性と企業成長をキーワードとし、コーポレートファイナンスにおけるリスクとリターンという観点から企業価値の本質を概観します。

また、企業価値評価の体系を図解と簡単な数値例をもって示すことで、直感的な理解を得、初心者がリファーできる内容としています。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:224ページ
出版社:秀和システム
言語:日本語
梱包サイズ:21.2 x 14.8 x 1.5 cm

【本書のキーワード】
  経済
  ビジネス・経営
  図解入門ビジネス最新企業価値評価の考え方と実践がよ~くわかる本 (Shuwasystem Business Guide Book)
  経営比較.経営分析
  秀和システム
  笠原 真人
  4798044725



【関連図書】


図解でわかる企業価値評価のすべ…

はじめての企業価値評価(日経文…

バリュエーションの教科書

企業価値評価第6版[上]―――…

企業価値評価第6版[下]―――…

MBAバリュエーション(日経B…


posted by BookReviewer at 16:30| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする