2019年02月13日

一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか? ~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~【上野啓樹】



しくて運動する時間がなくても大丈夫! 2ヶ月で10キロ痩せて、ハイパフォーマーに変わる。 驚くべきことに、たった2ヶ月で、今までムラのあったコンディションも 朝から絶好調となり、すっきりと目覚めら...続きは本文で

【 著者 】 上野啓樹
【 評価 】 3.4
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
忙しくて運動する時間がなくても大丈夫!
2ヶ月で10キロ痩せて、ハイパフォーマーに変わる。

驚くべきことに、たった2ヶ月で、今までムラのあったコンディションも
朝から絶好調となり、すっきりと目覚められるようになりました。
もうランチの後に眠くなったり、だるくなったりすることはありません。
週に1〜2回は、一日中寝ていないと身体がもたなかったのに、
今は休みなく好きなだけ仕事に没頭できるようになりました。
食中毒になっても、昔だったら何日も寝込んでいたところが、すぐに回復できるようになったのです。
(0章 「気合と根性だけでは、結果を出せない」より)


この本は、「一度痩せたら、二度と太らない方法」について書かれた本です。
「そんなことはありえない」。
そう思った方にこそ、 実は読んでいただきたい本でもあります。
それどころか、ダイエットはあくまでオマケであり、この本の本質は、カラダが求めている本来あるべき状態に戻すことです。
「カラダは資本」。
これは、ビジネスの世界ではよく使われる言葉です。
会議や商談、会食などの“ここ一番〟はいつやってくるかは予想がつきません。
コンディションを運に任せて常にムラがある状態で舞台に立っていると、好不調の波の影響で仕事のパフォーマンスが左右されてしまいます。
そうならないために、本書の極意をひと言でいうと……
まずは、体の「デトックス」をする。
それは、一気に、短期に、完璧に終わらせる。
これを正しい順番で行うと、二度と太らなくなり、一生、きれいな体で過ごせます。
そして、本書では、2000人以上のダイエットプログラムの卒業生からそれなりの対価をいただいているプログラム内容を惜しげもなく公開しています。
本書の内容と同じプログラムを実践した多くの人から、毎日のように「人生が劇的に変わった」という報告のメールが届くのです。
あなたもこの、〝ビジネスマンの最終兵器〟を手に入れて、毎日キレッキレ状態のコンディションを手に入れてください。

[目次]

はじめに

第0章 気合いと根性だけでは、結果は出せない

・コンディション根性論
・コンディションが悪い時点でプロ失格!?
・2ヶ月で10キロ痩せ、毎日が絶好調!
・ハイパフォーマンス = コンディション × スキル 運

第1章 コンディションと仕事の関係

1、パフォーマンスの原点は、カラダのコンディショニングから
2、コンディションを整えることで一流になる
3、火曜日の朝もパフォーマンスを100%にできる人が勝つ
4、あなたのカラダは半年前に食べた物でできている
5、コンディショニングの目的は、本来の健康を取り戻すこと
6、空腹を恐れるな
7、空腹時に活躍する遺伝子とは?
8、栄養が足りている時代に、栄養学なんてナンセンス
9、1日30品目は大きな間違いだった
10、「消化」を制すれば、仕事の効率が上がる
11、腹持ちが良い物はコンディションを低下させる
12、消化が悪い肉を食べるにはルールがある
13、コンディションが良くなる食べ物とは?
Column 風邪を引くのはローパフォーマーだけ?

第2章 新しいカラダに生まれ変わる

1、まずはカラダの毒を出そう
2、デトックスは、期間を決めて短期集中で
3、フルーツデーでカラダの大掃除
4、デトックスのスケジュール
column スーツはオーダーメイドで

第3章 太りにくく疲れにくい1日の習慣

1、カラダの機能は24時間を3分割して考える
2、朝は「出す」ことに全力を
3、朝ごはんをしっかり食べないと太るって本当?
4、腹八分目ではなく、腹五分目
5、間食を取ると太らなくなる
6、内臓に残業させない夕食の取り方
7、ビジネスマンなら、お酒のPDCAを学べ
8、睡眠の質を決めるのは入浴だった
9、食べること以上に大事な習慣、それは睡眠
10、熟睡するために避けておきたいこと
11、集中力を上げる仮眠のルール
column 1人ランチは食べない

第4章 世の中の常識を疑え

1、牛乳を飲んでお腹を壊し、ヨーグルトを食べて便秘になる
2、コーヒーは飲めば飲むほどカラダを乾燥させる
3、栄養ドリンクを飲んだら余計に疲れる訳
4、野菜ジュースを飲めば野菜は食べなくていい?
5、コンビニのサンドイッチをいつも食べている人へ
6、健康診断の結果は信用するな
7、タバコはパフォーマンスにとって最大の外敵
8、サプリは気休めにしかならない
9、クスリはカラダを治さない
10、ジムで鍛えてもすぐリバウンドする
11、スキンケアにいそしむ男性が増えている訳
column 仕事中に呼吸が止まっていませんか?

第5章 ハイパフォーマーには、7つの特徴があった

1、ハイパフォーマーは、ベストな状態を自らいつでも創り出せる
2、ハイパフォーマーは、自分の常識が変わることを恐れない
3、ハイパフォーマーは、自分でコントロールできることだけに集中する
4、ハイパフォーマーは最高地点ではなく生涯価値で考えている
5、ハイパフォーマーは残業より、働く時間の密度を上げる
6、ハイパフォーマーは、2段ロケット方式でキャリアを積む
7、ハイパフォーマーは、世の中の常識を鵜呑みにしない

おわりに

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):206ページ
出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 13 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  ビジネスライフ
  痩身法
  クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  衛生学.公衆衛生.予防医学.ヨーロッパ.西洋
  俣野 成敏
  経済
  上野 啓樹
  4844373870
  一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか? ~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~



【関連図書】


一流の人はなぜそこまで、習慣に…

一流の人はなぜそこまで、見た目…

一流の人はなぜそこまで、雑談に…

美しい人はみな、自己管理ができ…

ハイパフォーマー思考

いい女になるための絶対条件


posted by BookReviewer at 18:31| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする