2019年02月13日

信長の妹・お市の方の三女にして、徳川二代将軍・秀忠の妻となったお江



長の妹・お市の方の三女にして、徳川二代将軍・秀忠の妻となったお江。家康の三男でありながら後継者となり、江戸三百年の礎を築いた秀忠。本書は、数奇な運命をたどった秀忠・お江夫妻にまつわる数々の謎をQ&A形...続きは本文で

【 著者 】 川口素生
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
信長の妹・お市の方の三女にして、徳川二代将軍・秀忠の妻となったお江。家康の三男でありながら後継者となり、江戸三百年の礎を築いた秀忠。本書は、数奇な運命をたどった秀忠・お江夫妻にまつわる数々の謎をQ&A形式で解き明かす。「お江が頭を悩ませた長男・家光の困った性癖」「夫妻の墓碑と東京タワー建設の意外な関係」など、面白エピソードやウンチクも学べる一冊。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:332ページ
出版社:PHP研究所 (2010/12)
言語:日本語
発売日:2010/12
梱包サイズ:15 x 10.6 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  PHP研究所
  お江と徳川秀忠101の謎 (PHP文庫)
  個人伝記.日本
  日本史
  川口 素生
  4569675638
  近世史(江戸~明治維新)
  個人伝記



【関連図書】


徳川幕府の礎を築いた夫婦 お江…


posted by BookReviewer at 04:38| 歴史・地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする