2019年02月10日

世間から軽蔑され虫けらのように扱われた男は、自分を笑った世界を笑い返すため、自意識という「地下室」に潜る



間から軽蔑され虫けらのように扱われた男は、自分を笑った世界を笑い返すため、自意識という「地下室」に潜る。世の中を怒り、憎み、攻撃し、そして後悔の念からもがき苦しむ、中年の元小官吏のモノローグ。終わりの...続きは本文で

【 著者 】 ドストエフスキー
【 評価 】 3.7
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
世間から軽蔑され虫けらのように扱われた男は、自分を笑った世界を笑い返すため、自意識という「地下室」に潜る。世の中を怒り、憎み、攻撃し、そして後悔の念からもがき苦しむ、中年の元小官吏のモノローグ。終わりのない絶望と戦う人間の姿が、ここにある。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:285ページ
出版社:光文社
言語:日本語
梱包サイズ:15.2 x 10.6 x 2 cm

【本書のキーワード】
  ロシア・ソヴィエト文学.小説
  小説 物語
  〔タ行の作家〕
  一般向け
  光文社
  翻訳小説
  地下室の手記(光文社古典新訳文庫)
  文庫
  安岡 治子
  ロシア・ソヴィエト文学
  ドストエフスキー
  4334751296



【関連図書】


罪と罰〈1〉(光文社古典新訳文…

罪と罰〈2〉(光文社古典新訳文…

罪と罰〈3〉(光文社古典新訳文…

悪霊〈1〉(光文社古典新訳文庫…

悪霊〈2〉(光文社古典新訳文庫…

カラマーゾフの兄弟5エピローグ…


posted by BookReviewer at 14:28| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする