2019年02月07日

ブラジルの投資・M&A・会社法・会計税務・労務(発行:TCG出版) (海外直接投資の実務シリーズ)【久野康成公認会計士事務所】



2014年サッカーワールドカップブラジル大会」、「2016年リオデジャネイロ・オリンピック」とビッグイベントを控えているブラジル。 いまや南半球及びラテンアメリカ地域において最大の経済規模を誇り、G...続きは本文で

【 著者 】 久野康成公認会計士事務所
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
「2014年サッカーワールドカップブラジル大会」、「2016年リオデジャネイロ・オリンピック」とビッグイベントを控えているブラジル。
いまや南半球及びラテンアメリカ地域において最大の経済規模を誇り、GDPは現在世界6位、将来的には更なる上昇も見込まれる大国に成長しています。もはや、1990年代までの重債務国の面影はなく、インフレ抑制に成功し、貿易拡大、財政収支の改善などにより経済は安定し、過重な対外債務国から対外債権国へと変貌を遂げつつあります。
この経済成長を支えている要因の一つが、巨大な国内市場です。現在人口は1.9億人を超え、所得水準の向上により中間層の拡大が続いています。今後の国際的なイベントによる国内消費の拡大と特需が見込まれており、その恩恵の取込みを狙い、アメリカ、中国をはじめ、世界各国からブラジルへの投資が活発になっています。
一方、ブラジルと聞いて、最初に治安を心配される方が多いかもしれません。この点は、2003年に「地域警察制度」を導入し、「州軍警察」と「文民警察」の2つの組織により、国家威信をかけた治安改善への取組が行われています。
また、ブラジルの税務は世界一複雑といわれております。更に税法だけではなく、法律の改正が頻繁に行われる点、公表される政府情報のほとんどがポルトガル語であるという点において、外国企業にとって最新情報の把握は非常に困難といえます。
そのため本著を執筆するにあたって、現地の会計士にも情報を提供してもらいました。投資、法務、税務、労務といった専門情報を体系的にまとめた唯一の日本語で読める書籍となっております。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:404ページ
出版社:出版文化社
言語:日本語
商品パッケージの寸法:15 x 3 x 21 cm

【本書のキーワード】
  国際投資.国際資本移動.外資導入.南アメリカ
  海外進出・海外投資
  久野康成公認会計士事務所
  4883384624
  KS International
  ブラジルの投資・M&A・会社法・会計税務・労務(発行:TCG出版) (海外直接投資の実務シリーズ)
  出版文化社
  経済
  久野康成
  株式会社東京コンサルティングファーム
  国際投資.国際資本移動.外資導入



【関連図書】


メキシコの投資・M&A・会社法…

新版現代ブラジル事典

ブラジル経済の基礎知識

中国の投資・M&A・会社法・会…

ブラジル裏の歩き方

シンガポール・香港地域統括会社…


posted by BookReviewer at 10:38| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする