2019年02月06日

3年先、成長する会社と伸び悩む会社



年先、成長する会社と伸び悩む会社。その差はこれだ! 今、経済のグローバル化や日本経済の相対的な地盤沈下を反映した海外で成長するためのM&Aが花形になっている。それは直接関わった企業の経営のみならず、業...続きは本文で

【 著者 】 菊地正俊
【 評価 】 2.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
3年先、成長する会社と伸び悩む会社。その差はこれだ! 今、経済のグローバル化や日本経済の相対的な地盤沈下を反映した海外で成長するためのM&Aが花形になっている。それは直接関わった企業の経営のみならず、業界全体の収益性に大きな影響を与える。 M&Aが、日本経済をダイナミックに動かしているのだ。 中国企業による日本企業買収は救世主か? 再編で収益拡大が期待される業界はどこか? メリルリンチ日本証券の著名ストラテジストが、豊富なデータと実例から、M&Aによる株式市場動向や投資家行動、企業の経営戦略、収益を分析する。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:246ページ
出版社:PHP研究所
言語:日本語
梱包サイズ:17.2 x 10.6 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  PHP研究所
  合併.精算.第二会社
  経済
  多国籍企業
  BUK234567
  CI戦略・企業買収戦略
  企業買収
  456979033X
  菊地 正俊
  日本企業を強くするM&A戦略 (PHPビジネス新書)
  世界企業
  企業集中[企業結合].独占



【関連図書】


№1ストラテジストが教える日本…

お金の流れはここまで変わった!…

外国人投資家が日本株を買う条件…

日本の株式市場と外国人投資家

どこと組むかを考える成長戦略型…


posted by BookReviewer at 10:35| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする