2019年02月04日

あるとき脳は羽ばたく (中公新書ラクレ)【茂木健一郎】



が跳躍する瞬間。その羽ばたきの余韻の中で、私たちは生きていく。脳との対話を続ける著者が、日々の営みから、想い出の風景から、衝撃の出会いから得た「あ、そうか」の数々を綴る。...続きは本文で

【 著者 】 茂木健一郎
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
脳が跳躍する瞬間。その羽ばたきの余韻の中で、私たちは生きていく。脳との対話を続ける著者が、日々の営みから、想い出の風景から、衝撃の出会いから得た「あ、そうか」の数々を綴る。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:205ページ
出版社:中央公論新社
言語:日本語
梱包サイズ:17.2 x 11 x 1.2 cm

【本書のキーワード】
  大脳皮質
  大脳
  神経細胞
  あるとき脳は羽ばたく (中公新書ラクレ)
  412150335X
  中央公論新社
  能力・自己改革
  延髄
  心理学的生理学
  茂木 健一郎
  小脳
  条件反射
  中枢神経:脳・脊髄の生理
  倫理学 道徳


posted by BookReviewer at 04:33| 新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする