2019年01月31日

日系自動車メーカーの中国戦略【柯 隆】



究にあたって、中国国家発展改革委員会総合運輸研究所、エネルギー研究所、上海社会科学研究院など、中国の主だった研究機関にインタビューを実施。これにより、中国政府の経済戦略、中国自動車産業と市場の現状、交...続きは本文で

【 著者 】 柯 隆
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
研究にあたって、中国国家発展改革委員会総合運輸研究所、エネルギー研究所、上海社会科学研究院など、中国の主だった研究機関にインタビューを実施。これにより、中国政府の経済戦略、中国自動車産業と市場の現状、交通渋滞や排気ガス汚染といった環境問題など、中国が抱える課題を詳細に考察した。
研究者のみならず、実際に中国で事業展開している自動車関連メーカーも執筆に参加。生産現場、中国市場により近い観点で、日本企業の立ち位置、日本企業の課題、日本企業の今後とるべき戦略などを考察している。

ポイントとしては
(1) モジュール化が進行しており、部品製造、組み立て工程での利幅は減少しているので、利幅のよいアフターマーケットを意識した戦略が必要。
(2)日系中小部品メーカーは、技術力を生かし、欧米メーカーや華僑企業と提携し、経営リスクを軽減すべき。
(3)ここ5~10年については、環境技術の開発が重要。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:173ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 14.8 x 2 cm

【本書のキーワード】
  運輸 交通
  東洋経済新報社
  柯 隆
  日系自動車メーカーの中国戦略
  自動車産業:生産と流通
  3033
  自動車・機械産業
  4492762175



【関連図書】


中国次世代自動車市場への参入戦…

中国のワナ自動車産業月例報告1…

中国を制す自動車メーカーが世界…

自動車会社が消える日(文春新書…

調整期突入!巨大化する中国自動…

2020年中国自動車販売4


posted by BookReviewer at 02:31| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする