2019年01月27日

欧州を中心に普及しつつある「自然資本」について経営の観点から考察された日本初の書



州を中心に普及しつつある「自然資本」について経営の観点から考察された日本初の書。京都大学大学院研究科の「自然資本経営論講座」を元に論じる。自然を消耗する時代から、経営する時代へ。「日本発」の世界経済の...続きは本文で

【 著者 】 谷口 正次
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
欧州を中心に普及しつつある「自然資本」について経営の観点から考察された日本初の書。京都大学大学院研究科の「自然資本経営論講座」を元に論じる。
自然を消耗する時代から、経営する時代へ。「日本発」の世界経済のパラダイム・シフトを提言
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:271ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:19.2 x 13.6 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  自然資本経営のすすめ: 持続可能な社会と企業経営
  経営管理
  企業.経営
  経済
  自然資本;
  東洋経済新報社
  4492533540
  谷口 正次
  公害と企業.公害と社会
  3034



【関連図書】


自然資本の経済―「成長の限界」…

SDGsとESG時代の生物多様…

経済学が世界を殺す(扶桑社新書…

自然資本入門:国、自治体、企業…


posted by BookReviewer at 14:33| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする