2019年01月16日

製品のコモディティ化が進む中で、日本でものづくりを続ける企業は、激しい競争の中で製品にどのような付加価値をあたえるか考えていかなければならなくなっている



品のコモディティ化が進む中で、日本でものづくりを続ける企業は、激しい競争の中で製品にどのような付加価値をあたえるか考えていかなければならなくなっている。本書では、NECパーソナルコンピュータにおける「...続きは本文で

【 著者 】 NECパーソナルコンピュータ
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
製品のコモディティ化が進む中で、日本でものづくりを続ける企業は、激しい競争の中で製品にどのような付加価値をあたえるか考えていかなければならなくなっている。

本書では、NECパーソナルコンピュータにおける「受注から3日で納品」という「スピード」を付加価値として重視した米沢生産方式の全貌と詳細を、あますことなく紹介する。

米沢生産方式とは「生産技術、IT、財務管理手法を駆使して、徹底的な効率化、スピード向上、品質向上を実現し、継続させている、NECパーソナルコンピュータ米沢事業場におけるものづくりの方式」である。

こうした取り組みを続け、売上競争は激化している中でも、NECパーソナルコンピュータは日本市場のデスクトップパソコンとノートパソコンのシェア・ナンバーワンを2014年も維持している。

このまま日本でのものづくりを続けようか、それとも拠点を海外に移そうかと思案しているメーカー関係者必読の書。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       第1章 米沢生産方式
       第2章 生産革新
       第3章 先進的IT活用
       第4章 ものづくり財務
       第5章 成果の拡大
       第6章 人材育成
       第7章 国内生産

【書籍情報】
単行本:246ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:19 x 13.6 x 2 cm

【本書のキーワード】
  企業革新・人材開発
  東洋経済新報社
  スピード経営が日本のものづくりを変える NECパーソナルコンピュータの米沢生産方式と原価管理
  生産管理.生産工学.管理工学.システム監査
  NECPC=
  3034
  NECパーソナルコンピュータ
  経済
  4492502688



【関連図書】


トヨタ生産方式にもとづく「モノ…

郭台銘(かくたいめい]=テリー…


posted by BookReviewer at 04:31| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする