2019年01月02日

ミステリ作家の「私」が住む“もうひとつの京都"



ステリ作家の「私」が住む“もうひとつの京都"。その裏側に潜む秘密めいたものたち。古い病室の壁に、長びく雨の日に、送り火の夜に……魅惑的な数々の怪異が日常を侵蝕し、見慣れた風景を一変させる。...続きは本文で

【 著者 】 綾辻行人
【 評価 】 3.1
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
ミステリ作家の「私」が住む“もうひとつの京都"。その裏側に潜む秘密めいたものたち。古い病室の壁に、長びく雨の日に、送り火の夜に……魅惑的な数々の怪異が日常を侵蝕し、見慣れた風景を一変させる。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:311ページ
出版社:KADOKAWA/角川書店
言語:日本語
梱包サイズ:14.6 x 10.6 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  近代:明治以後
  〔あ行の作家〕
  4041014743
  KADOKAWA/角川書店
  綾辻 行人
  日本文学
  193
  日本の小説
  深泥丘奇談 (角川文庫)



【関連図書】


フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック


posted by BookReviewer at 20:33| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする