2019年01月02日

がん治療による脱毛や肌の変化



ん治療による脱毛や肌の変化。美容のプロが治療中でも美しく自分らしく過ごすためのスキンケアやメイク、生活の工夫を解説 がんの治療で毛が抜けてしまった、眉毛がなくなった、 爪が変色した、術後の傷で下着がつ...続きは本文で

【 著者 】 さとう 桜子
【 評価 】 4.2
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
がん治療による脱毛や肌の変化。美容のプロが治療中でも美しく自分らしく過ごすためのスキンケアやメイク、生活の工夫を解説

がんの治療で毛が抜けてしまった、眉毛がなくなった、
爪が変色した、術後の傷で下着がつけられない、補正下着ってなに?
突然「がん」と診断されたとき、それはだれにとっても初めてのこと、
どうしてよいのかわからず困惑する女性がたくさんいます。
がん体験者である美容専門家の著者が、
「治療中であっても女性らしく、美しくありたい」
「これまで通りに暮らしたい」
「自分らしさを取り戻したい」
「仕事に復帰するためにメイクが必要」という、
治療中・治療後の女性の悩みに答えます。

そんな方法あったんだ!
してもいいこと、しないほうがよいこと、みんなはどうやって乗り切ったの?
悩んでいるのは私だけ?など、女性の大問題から、些細だけれど大切なこと、
あなただけの疑問を解決します。
実践的に、わかりやすく、誰にも聞けないこと、教えます。
がん患者さん本人はもちろん、ご家族、友人、ケアに携わるすべての人にしっておいてほしいこと。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):96ページ
出版社:主婦の友社
言語:日本語
梱包サイズ:21.2 x 14.8 x 0.6 cm

【本書のキーワード】
  がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty
  医学
  4074226693
  2077
  さとう 桜子
  腫瘍.肉腫.癌
  癌
  主婦の友社



【関連図書】


フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック


posted by BookReviewer at 02:39| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする