2018年10月06日

三大疾患「脳梗塞・認知症・運動器症候群」を徹底解説



大疾患「脳梗塞・認知症・運動器症候群」を徹底解説! 高齢化社会において特に治療・予防法に注目が集まる三大疾患「脳梗塞・認知症・運動器症候群(ロコモ)」について、医師が患者向けに徹底解説をするシリーズ・...続きは本文で

【 著者 】 梶川 博
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
三大疾患「脳梗塞・認知症・運動器症候群」を徹底解説!
高齢化社会において特に治療・予防法に注目が集まる三大疾患「脳梗塞・認知症・運動器症候群(ロコモ)」について、
医師が患者向けに徹底解説をするシリーズ・第2弾。
本シリーズは、この三大疾患を治療・予防することで「寝たきり」と「認知機能低下」を防ぎ、高齢者が自立して健やかな老後を送ることを目的としている。
第2弾の『認知症に負けないために』では、患者・その家族に理解しづらい、認知症になった際の「記憶」を司る脳で起こっている症状が、図と写真を合わせて理解できる。
また、慢性あるいは進行性の、複数の認知障害が現れる経過、診断・治療、予防方法までを、症状の特徴と合わせて解説。
日常での発症リスク抑制から、認知症になった際の支援や介護、頼れるサービスも紹介。
医療従事者だけでなく、介護・福祉関係者が患者に説明、指導を行ううえでも活用できる一冊。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):263ページ
出版社:幻冬舎
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 12.8 x 1.7 cm

【本書のキーワード】
  梶川 博
  医学
  進行麻痺
  器質的精神病:麻痺症
  脳・痴呆症
  森 惟明
  幻冬舎
  4344974514
  認知症に負けないために 知っておきたい、予防と治療法
  老人精神病:老人性痴呆



【関連図書】


改訂版認知症に負けないために知…


posted by BookReviewer at 00:43| 暮らし・健康・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする