2018年10月05日

剣豪武蔵は現代に通じるトップ・アスリートだった



豪武蔵は現代に通じるトップ・アスリートだった。   スポーツ科学者であり、武道家でもある筆者が「身体意識」という独自の視点から、かたや武道、かたや野球の達人の身体を読み解く。従来の「宮本武蔵像」を一新...続きは本文で

【 著者 】 高岡英夫
【 評価 】 3.7
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
剣豪武蔵は現代に通じるトップ・アスリートだった。
  スポーツ科学者であり、武道家でもある筆者が「身体意識」という独自の視点から、かたや武道、かたや野球の達人の身体を読み解く。従来の「宮本武蔵像」を一新する画期的な書。宮本武蔵の肖像画や書籍、イチローの写真をふまえながら彼らの動きの中核にあるものを解読し、共通点を明らかにしてゆく。さらには我々現代人が失ってしまった身体性と心のあり方について語り尽くす。達人の身体性は一部の天才だけのものではない。私たちすべてが達人になりうるのだ。●文庫書き下ろし

【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:221ページ
出版社:小学館
言語:日本語
梱包サイズ:14.8 x 10.8 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  小学館
  武術
  4094182314
  剣道
  スポーツ 体育
  高岡 英夫
  BUK251628
  運動生理学
  文庫
  個人伝記.日本
  一般向け
  武蔵とイチロー (小学館文庫)
  プロ野球



【関連図書】


究極の身体(講談社 α文庫)

宮本武蔵は、なぜ強かったのか?…

肩甲骨が立てば、パフォーマンス…

「ゆる」スポーツ・トレーニング…

体の軸・心の軸・生き方の軸―人…

完全版「本物の自分」に出会うゆ…


posted by BookReviewer at 08:37| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする