2018年10月05日

名古屋といえば、名古屋城に味噌カツ、ひつまぶし



古屋といえば、名古屋城に味噌カツ、ひつまぶし。じゃあ、名古屋人といえば? コーヒーには必ずおまけをつけ、喫茶店の朝は必ずモーニングセット、親戚のうち一人は必ず車のセールスマンで、エビフライをこよなく愛...続きは本文で

【 著者 】 三遊亭円丈
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
名古屋といえば、名古屋城に味噌カツ、ひつまぶし。じゃあ、名古屋人といえば? コーヒーには必ずおまけをつけ、喫茶店の朝は必ずモーニングセット、親戚のうち一人は必ず車のセールスマンで、エビフライをこよなく愛する――現在、だんだんとその実態が注目されてきているちょっと不思議でおもしろい名古屋人の魅力を、酸いも甘いも知っている落語家三遊亭円丈が、歯に衣着せずズバッと斬ってゆく。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:210ページ
出版社:朝日新聞社 (2006/05)
言語:日本語
発売日:2006/05
梱包サイズ:14.8 x 10.6 x 2.6 cm

【本書のキーワード】
  地理.地誌.紀行.愛知県[尾張国.三河国]
  政治・経済・社会・文化事情.愛知県[尾張国.三河国]
  高浜
  豊橋
  江南
  岩倉
  新城
  豊田[挙母]
  知立
  小牧
  東海
  一宮
  犬山
  稲沢
  半田
  安城
  豊川
  文庫
  常滑
  4022614994
  春日井
  岡崎
  蒲郡
  尾張旭
  刈谷
  碧南
  名古屋
  社会
  一般向け
  西尾
  朝日新聞社
  大府
  津島
  地方文化
  瀬戸
  知多
  三遊亭 円丈
  日本
  尾西
  名古屋人の真実 (朝日文庫)
  豊明



【関連図書】


落語家の通信簿(祥伝社新書)

師匠、御乱心!(小学館文庫)

真実の名古屋論(ベスト新書)

小説・落語協団騒動記

真実の「名古屋論」トンデモ名古…


posted by BookReviewer at 08:34| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする