2018年10月03日

よくわかる連続体力学ノート【京谷孝史】



続体力学を学ぶ際に混乱する原因である力学法則そのものと,その力学を解くのに使う数学をはっきりとわけて書くことで,正しい理解へと導く参考書....続きは本文で

【 著者 】 京谷孝史
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
連続体力学を学ぶ際に混乱する原因である力学法則そのものと,その力学を解くのに使う数学をはっきりとわけて書くことで,正しい理解へと導く参考書.
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):304ページ
出版社:森北出版
言語:日本語
梱包サイズ:22 x 15.6 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  機械工学
  森北出版
  技術.工学 / 機械工学.原子力工学
  よくわかる連続体力学ノート
  理論的・数理的運動学.運動の幾何学
  4627948115
  非線形CAE協会
  京谷 孝史



【関連図書】


連続体力学の話法-流体力学

連続体の力学(基礎物理学選書)

連続体の力学(岩波基礎物理シリ…

例題で学ぶ連続体力学

非線形有限要素法のためのテンソ…

非線形有限要素法のための連続体…


posted by BookReviewer at 01:04| 教育・学参・受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする