2018年09月30日

歴史評論 新日本原始古代叙事詩序章 大いなる大日本人【福本徹之】



代人の心はどうのようにして出来上がったのか――考古学の最先端の研究と遺伝学の研究成果を踏まえ、人間の心理の発達を究明。従来の学問の研究方法では解明しきれなかった原始古代から弥生時代までに至る現世人類(...続きは本文で

【 著者 】 福本徹之
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
現代人の心はどうのようにして出来上がったのか――考古学の最先端の研究と遺伝学の研究成果を踏まえ、人間の心理の発達を究明。従来の学問の研究方法では解明しきれなかった原始古代から弥生時代までに至る現世人類(ホモ・サピエンス)の発達史を、文学的手法で解き明かした画期的な原始古代史論。人類の真実を明らかにし、これまでの誤解に基づいた説を覆す。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:285ページ
出版社:文芸社
言語:日本語
梱包サイズ:21.2 x 15.2 x 2.8 cm

【本書のキーワード】
  原始時代
  福本 徹之
  歴史評論 新日本原始古代叙事詩序章 大いなる大日本人
  4286104753
  文芸社


posted by BookReviewer at 05:55| 実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする