2018年09月26日

1986年に発生したチェルノブイリ原発事故から28年が経つウクライナを現地取材



986年に発生したチェルノブイリ原発事故から28年が経つウクライナを現地取材。現在も、多くの子どもが白血病やがんなど様々な疾患を抱える。子どもたちの命と健康を守るために、学校と医療機関の連携や定期的な...続きは本文で

【 著者 】 白石草
【 評価 】 4.6
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
1986年に発生したチェルノブイリ原発事故から28年が経つウクライナを現地取材。現在も、多くの子どもが白血病やがんなど様々な疾患を抱える。子どもたちの命と健康を守るために、学校と医療機関の連携や定期的な保養など、国・自治体による多様な取り組みが行われている。いま日本は、チェルノブイリの経験をどう活かすべきか。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):80ページ
出版社:岩波書店
言語:日本語
梱包サイズ:20.6 x 14.6 x 0.6 cm

【本書のキーワード】
  4002709175
  放射能障害
  核医学
  岩波書店
  ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち――ウクライナの取り組みに学ぶ (岩波ブックレット)
  核・原発問題
  原子力発電
  白石 草
  全書・叢書
  機械工学



【関連図書】


チェルノブイリの祈り――未来の…

チェルノブイリ報告(岩波新書)

3.11後の子どもと健康――保…

フクシマ6年後消されゆく被害―…

地図から消される街3.11後の…

チェルノブイリという経験――フ…


posted by BookReviewer at 06:33| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする