2018年09月19日

マルクスが見た時代はどのようなものであったか



ルクスが見た時代はどのようなものであったか?いかにしてマルクスは資本主義批判の視座を固め、理想社会を構想したか。今、マルクスに立ち返り、現代を考える。...続きは本文で

【 著者 】 廣松 渉
【 評価 】 2.6
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
マルクスが見た時代はどのようなものであったか?いかにしてマルクスは資本主義批判の視座を固め、理想社会を構想したか。今、マルクスに立ち返り、現代を考える。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:358ページ
出版社:平凡社
言語:日本語
梱包サイズ:16 x 11 x 2 cm

【本書のキーワード】
  マルクスと歴史の現実 (平凡社ライブラリー)
  社会主義.マルクス主義.共産主義
  社会主義.マルクス主義.共産主義.ドイツ.中欧
  4582762840
  国家主義・社会主義・共産主義・アナキズム
  政治
  社会主義学派.マルクス経済学派
  社会思想
  一般向け
  平凡社
  全書・叢書
  廣松 渉



【関連図書】


物象化論の構図(岩波現代文庫)

今こそマルクスを読み返す(講談…

資本論の哲学(平凡社ライブラリ…

青年マルクス論(平凡社ライブラ…

ドイツ・イデオロギー新編輯版(…

唯物史観と国家論(講談社学術文…


posted by BookReviewer at 12:33| 人文・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする