2018年09月18日

本書は,定木とコンパスを含む機械で作図しえる曲線の歴史的表現を解説した事典である



書は,定木とコンパスを含む機械で作図しえる曲線の歴史的表現を解説した事典である。小学校から高等学校,大学に至るまでの学校数学において知られる曲線の定義や性質を,その曲線を描く道具,変換器,幾何学的計算...続きは本文で

【 著者 】 礒田正美
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
本書は,定木とコンパスを含む機械で作図しえる曲線の歴史的表現を解説した事典である。小学校から高等学校,大学に至るまでの学校数学において知られる曲線の定義や性質を,その曲線を描く道具,変換器,幾何学的計算具の実物写真,作図結果とともに解説している。曲線の来歴を,今は失われた歴史的表現・役割を前提に解説することで,その背後に潜む直観と論理を再現している。
今日では,ソフトウエアを利用してディスプレイ上に描画する曲線は,少し前まではコンピュータ以外の道具を駆使して描かれてきた。作図の困難さもあり,それぞれの曲線の性質を明かすことは数学発展の象徴であり,曲線の表現法が改まる都度,その意味内容も進化した。そうした曲線像を認め,その曲線を描いた人々が生きた時代に思いを馳せることで,人間味溢れる数学像を提供する。
まず,それぞれの曲線に関わる各論を話題にする上で必要な曲線に関する歴史・文化的眺望を記した。その次に,本書の中心的な話題である,様々な曲線とその作図器,その初等幾何学的解説を収めた。そのあとに,変換を表象する機構,透視図法と投影,問題の作図解を表現する機械を収めた。最後には用語集を用意し,本文中で解説しきれなかった用語の解説を収めた。用語集や索引から逆に読めば,辞典として役立てられるようにも工夫されている。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:328ページ
出版社:共立出版
言語:日本語
梱包サイズ:26 x 17.4 x 3 cm

【本書のキーワード】
  讃岐 勝
  礒田 正美
  代数・幾何
  幾何学
  平面幾何学
  曲線の事典 ―性質・歴史・作図法―
  田端 毅
  Maria G. Bartolini Bussi
  共立出版
  4320019075
  数学
  事典・辞典



【関連図書】


円錐曲線-歴史とその数理-(数…

曲線の秘密自然に潜む数学の真理…

曲線と曲面の微分幾何

[新装改訂版]Illustra…

イスラム芸術の幾何学:天上の図…

美しい幾何学


posted by BookReviewer at 14:39| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする