2018年09月06日

虫喰う近代 -一九一〇年代社会衛生運動とアメリカの政治文化-【松原宏之】



0世紀初頭の反売買春運動の中、科学者・ソーシャルワーカー・財界人らによる社会改革の主導権争いが、現代アメリカの基層に刻みつけた痕跡とは。アメリカにおける反売買春の源を知る上でも必読の政治文化史研究。...続きは本文で

【 著者 】 松原宏之
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
20世紀初頭の反売買春運動の中、科学者・ソーシャルワーカー・財界人らによる社会改革の主導権争いが、現代アメリカの基層に刻みつけた痕跡とは。アメリカにおける反売買春の源を知る上でも必読の政治文化史研究。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:314ページ
出版社:ナカニシヤ出版
言語:日本語
梱包サイズ:21.3 x 14.5 x 2.8 cm

【本書のキーワード】
  北アメリカ史
  アメリカ
  ナカニシヤ出版
  松原宏之
  人身売買.売買春.公私娼
  4779507677
  虫喰う近代 -一九一〇年代社会衛生運動とアメリカの政治文化-



【関連図書】


ミュージアムと負の記憶―戦争・…

医療化するアメリカ:身体管理の…

裸足で逃げる沖縄の夜の街の少女…

ジェンダー史とは何か


posted by BookReviewer at 18:39| 歴史・地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする