2018年08月30日

保育者養成のための「保育の心理学I」に対応したテキスト



育者養成のための「保育の心理学I」に対応したテキスト。生涯発達を見通しつつ保育現場でも実際に活用できるよう、「今、子どもの将来のために必要なこと」を見いだしながら、発達心理学を中心とした心理学の基礎知...続きは本文で

【 著者 】 青木 紀久代
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
保育者養成のための「保育の心理学I」に対応したテキスト。生涯発達を見通しつつ保育現場でも実際に活用できるよう、「今、子どもの将来のために必要なこと」を見いだしながら、発達心理学を中心とした心理学の基礎知識を広くカバーした。DSM-5の改訂など、さまざまな時代の変化に合わせて内容もさらに充実させた改訂版。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):207ページ
出版社:みらい; 第2版
言語:日本語
梱包サイズ:26 x 18.5 x 2.7 cm

【本書のキーワード】
  4860153987
  教育
  実践・発達心理学[第2版] (新時代の保育双書)
  発達心理学
  青木 紀久代
  みらい
  保育士;発達心理学;保育の心理学;青木紀久代;みらい;児童発達心理
  保育・幼児教育
  3337
  発生心理



【関連図書】


実践・発達心理学ワークブック


posted by BookReviewer at 22:22| 人文・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする