2018年08月24日

ミクロ経済学の最新動向は価格メカニズムを中心とした分析から、契約、取引、組織に注目した分析に移っている



クロ経済学の最新動向は価格メカニズムを中心とした分析から、契約、取引、組織に注目した分析に移っている。本書は、この最新テーマをやさしく解説。...続きは本文で

【 著者 】 柳川範之
【 評価 】 3.9
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
ミクロ経済学の最新動向は価格メカニズムを中心とした分析から、契約、取引、組織に注目した分析に移っている。本書は、この最新テーマをやさしく解説。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:224ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 14.8 x 2 cm

【本書のキーワード】
  ゲームの理論
  投入産出分析]
  経済学
  柳川 範之
  乗数理論
  一般向け
  経済学.経済思想
  経済
  産業連関分析
  経済学 経済思想
  4492312722
  線型計画法
  東洋経済新報社
  契約と組織の経済学
  経済数学.経済統計.計量経済学[くもの巣理論



【関連図書】


企業契約金融構造

法と企業行動の経済分析

契約の経済理論

ミクロ経済学の技

組織の経済学

完全理解ゲーム理論・契約理論


posted by BookReviewer at 10:35| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする