2018年08月18日

盧武鉉政権はなぜ親北朝鮮・中国路線を進むのか



武鉉政権はなぜ親北朝鮮・中国路線を進むのか。そして苦悩する保守勢力は韓国を守り切れるのか。これは対岸の火事ではない。...続きは本文で

【 著者 】 西岡力
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
盧武鉉政権はなぜ親北朝鮮・中国路線を進むのか。そして苦悩する保守勢力は韓国を守り切れるのか。これは対岸の火事ではない。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:236ページ
出版社:扶桑社 (2005/08)
言語:日本語
発売日:2005/08
梱包サイズ:19 x 13.6 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  4594050166
  政治史・事情.朝鮮
  外交.国際問題.朝鮮
  一般向け
  扶桑社
  政治史・事情
  朝鮮半島
  西岡 力
  政治・経済・社会・文化事情.朝鮮
  政治
  韓国分裂―親北左派vs韓米日同盟派の戦い


posted by BookReviewer at 07:16| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする