2018年08月17日

カクテルホントのうんちく話【石垣憲一】



の席でカクテルのうんちくを語るのは野暮というもの。もののわかった大人同士なら、せいぜいイメージをふくらませるひとことがあればいい。それもたしかに間違いではないのですが。そういってまるで伝言ゲームのよう...続きは本文で

【 著者 】 石垣憲一
【 評価 】 3.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
酒の席でカクテルのうんちくを語るのは野暮というもの。
もののわかった大人同士なら、せいぜいイメージをふくらませるひとことがあればいい。
それもたしかに間違いではないのですが。
そういってまるで伝言ゲームのように断片的なうんちくの受け売りを続けていった結果、
いま、広く知られているうんちくのなかには首をかしげたくなるものも少なからず見られるようになりました。
本書は、そんなあやしげなうんちくのいくつかを、おもに歴史的な観点から見直してみたものです。

「このカクテルはね・・・」なんて今まで誰かの横で語っていたうんちくが、
実はなんの根拠もないものだったり、間違っていたりしたら・・・。ちょっと恥ずかしいですね。

内容の濃さとは対照的に、造本は「軽さ」を目指しました。
四六判並製。紙はちょっとザラっとした手触り、手にとると頁数のわりにふわっとした印象。
電車の中でも旅先でも、どこでも気軽に持ち歩いて頁を開いて楽しんでほしいとの願いからです。
文字は、読みやすい横書き。各所に登場する年号やカクテルのレシピも、すんなりと読めます。
表紙カバーは黒に近いグレー地に、マットなゴールドでカクテルのイラスト。
その上に吹き出しを思わせるタイトルデザインが効いています。
各カクテルのタイトル横に添えられた、そのカクテルをイメージしたイラストも、想像力をかきたてます。

うんちく話は21話。
マティーニやギムレットはもちろん、マルガリータ、アメリカーノとネグローニ、
アラスカ、アレクサンダー、ダイキリ、ブラディ・メアリー他、日本で人気のカクテルをとりあげ、
誕生話から命名の経緯、レシピの変遷、映画や小説の中での使われ方など、あらゆる角度から徹底的に検証。
もちろんタイトルとして挙がっていないカクテルも、文中には多数登場しています。
プロのバーテンダーはもちろん、お酒好き、カクテル好き、バー好きの方ならどなたでも楽しめる内容。
見出しになっているカクテルにはすべて現在のスタンダード・レシピを添付しました。
v巻末にはカクテル名、人物名、書名・映画名他の3つの索引もついています。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:328ページ
出版社:柴田書店
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 13 x 2.5 cm

【本書のキーワード】
  家政学 生活科学
  カクテル
  柴田書店
  茶
  石垣 憲一
  コーヒー
  酒
  飲料:酒
  カクテルホントのうんちく話
  4388353264



【関連図書】


進化するBAR:byDrink…

サヴォイ・カクテルブックThe…

カクテルの歴史(「食」の図書館…

ウイスキー完全バイブル

Sherry-Unfoldin…

ブランデーの歴史(「食」の図書…


posted by BookReviewer at 10:33| 暮らし・健康・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする