2018年08月14日

ひらけ!勝鬨橋 (角川文庫)【島田荘司】



長が悪質な詐欺にひっかかり、ヤクザに引き渡しを要求されたO老人ホーム。威圧的なヤクザと脳天気な老人たちの熾烈な攻防が始まった。ついに「立ち退き」をかけてゲートボールの試合で決着をつけることになった。翔...続きは本文で

【 著者 】 島田荘司
【 評価 】 2.0
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
館長が悪質な詐欺にひっかかり、ヤクザに引き渡しを要求されたO老人ホーム。威圧的なヤクザと脳天気な老人たちの熾烈な攻防が始まった。ついに「立ち退き」をかけてゲートボールの試合で決着をつけることになった。翔子を中心に結束を固めた老人たちの青い稲妻チーム、汚い手口でプレーするヤクザチーム。そんな時、老人ホームで殺人事件が発生!!笑いと涙のユーモア長編ミステリーの大傑作。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:424ページ
出版社:角川書店; 新装版 (1999/10)
言語:日本語
発売日:1999/10
梱包サイズ:14.8 x 10.6 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  島田 荘司
  文庫
  〔さ行の作家〕
  角川書店
  4041682045
  ひらけ!勝鬨橋 (角川文庫)
  近代:明治以後
  小説 物語
  一般向け
  日本文学
  日本の小説



【関連図書】


奇想、天を動かす(光文社文庫)

飛鳥のガラスの靴(光文社文庫)

写楽閉じた国の幻

最後のディナー(文春文庫)

確率2/2の死

涙流れるままに〈上〉―吉敷竹史…


posted by BookReviewer at 02:31| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする