2018年07月10日

継体天皇の謎―古代史最大の秘密を握る大王の正体 (PHP文庫)【関裕二】



代史最大の謎といってもよい、不可解な人物・継体天皇。天皇になった経緯からその死まで、気鋭の歴史作家が大胆な発想で真実に迫る。継体天皇――。この人物ほど、古代史ファンの関心をそそるテーマはあるまい。天皇...続きは本文で

【 著者 】 関裕二
【 評価 】 2.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
古代史最大の謎といってもよい、不可解な人物・継体天皇。天皇になった経緯からその死まで、気鋭の歴史作家が大胆な発想で真実に迫る。継体天皇――。この人物ほど、古代史ファンの関心をそそるテーマはあるまい。天皇との血縁がうすいうえに、都から遠く離れた北陸にいた田舎貴族が、なぜ皇位を継承できたのか。皇位継承に相応しい人物は、ほかにもっといたであろうに――。
しかも、継体天皇は応神天皇の五世の孫にあたるという。この創作されたような立場が意味するものとは何か。謎に包まれた天皇、ミステリアスな天皇。それが継体天皇のイメージだ。
本書は、『大化改新の謎』『壬申の乱の謎』『神武東征の謎』等、「謎シリーズ」で人気を博す新進気鋭の歴史作家である著者が、多くの資料を跳梁し、そこから浮かび上がってくる謎に、大胆な想像力をもって迫った、古代史ファン垂涎の一冊である。
継体天皇とはどのような人物だったのか。前王朝を乗っ取った新王朝の始祖なのか。その面白さは、まるでミステリーの謎解きと同じだ。秋の夜長を過ごすパートナーとしてうってつけの力作である。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:280ページ
出版社:PHP研究所
言語:日本語
梱包サイズ:15 x 10.6 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  氏族社会
  古墳時代
  古代史(邪馬台国~平安)
  4569662846
  関 裕二
  古代国家の成立
  日本史
  一般向け
  文庫
  PHP研究所
  奴隷制社会
  継体天皇の謎―古代史最大の秘密を握る大王の正体 (PHP文庫)
  大和時代 4世紀-645:氏姓国家時代



【関連図書】


謎の大王継体天皇(文春新書)

日本を不幸にした藤原一族の正体…

物部氏の正体(新潮文庫)

古代史不都合な真実12の古代文…

古代史の秘密を握る人たち―封印…

藤原氏の正体(新潮文庫)


posted by BookReviewer at 06:37| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする