2018年07月05日

絶対先生とかも気づいていたと思う



対先生とかも気づいていたと思う。いじめはなかったと会見開く前に真実を知るべき、知らせるべき。大人のエゴのせいでみんな傷ついた。いい加減隠さず話してほしい(全校生徒アンケートより抜粋)。子どもたちは知っ...続きは本文で

【 著者 】 共同通信大阪社会部
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
絶対先生とかも気づいていたと思う。いじめはなかったと会見開く前に真実を知るべき、知らせるべき。大人のエゴのせいでみんな傷ついた。いい加減隠さず話してほしい(全校生徒アンケートより抜粋)。

子どもたちは知っていた……。

「自殺の練習をさせられていた」――生徒たちの埋もれかけていた証言から事件は発覚した。
いじめと自殺の因果関係を認めず、調査を打ち切った市教委の対応は、社会問題となった。
事務作業や保護者対応に忙殺される教師たち。連携さえとれない現状で、はたして子どもの異変を察知することはできるのか。子ども1人に孤独を背負わせる世の中であっていいのか。私たちはいま、彼らのために何ができるのか――。
大津支局記者のスクープで疋田桂一郎賞受賞。
全国25紙以上に掲載され大反響となった3部にわたる連載記事をもとに、この事件の真相、そして悩ましき、いじめの構造に迫る。
全校生徒アンケートの一部を本書に収録。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:253ページ
出版社:PHP研究所
梱包サイズ:17.2 x 10.6 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  子供の自殺
  いじめ・不登校
  4569812228
  家庭内暴力
  思春期暴力
  校内暴力
  大津中2いじめ自殺 学校はなぜ目を背けたのか (PHP新書)
  問題行動:登校拒否
  いじめ
  自閉児
  児童心理.児童研究
  PHP研究所
  共同通信大阪社会部
  教育



【関連図書】


いじめとは何か―教室の問題、社…

教室のいじめとたたかう-大津い…

いじめの構造―なぜ人が怪物にな…

いじめ問題をどう克服するか(岩…

いじめの構造(新潮新書)

いじめのある世界に生きる君たち…


posted by BookReviewer at 04:44| 人文・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする