2018年04月25日

地球のこと、宇宙のことをそれぞれ別ものと考えるのではなく、同じ一つの流れとしてとらえるため、地学史と天文学史を1冊の本にまとめました



球のこと、宇宙のことをそれぞれ別ものと考えるのではなく、同じ一つの流れとしてとらえるため、地学史と天文学史を1冊の本にまとめました。序章で基本的なことを学び、続く第1章では17世紀以前、第2章は18~...続きは本文で

【 著者 】 岡本 拓司
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
地球のこと、宇宙のことをそれぞれ別ものと考えるのではなく、同じ一つの流れとしてとらえるため、地学史と天文学史を1冊の本にまとめました。序章で基本的なことを学び、続く第1章では17世紀以前、第2章は18~19世紀まで、第3章では20世紀で、それぞれ地学史と天文学史を時代を追って俯瞰します。大学の教科書ではなく、学習参考書でもない大人が愉しみながら学ぶための本です。 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:303ページ
出版社:ベレ出版
言語:日本語
梱包サイズ:20.8 x 14.8 x 1 cm

【本書のキーワード】
  プロ071636
  地球科学.地学
  地球科学・地学・地質学
  和田 純夫
  天文学 宇宙科学
  地球科学 地学
  岡本 拓司
  泊 次郎
  はじめての地学・天文学史 (読んで楽しむ教科書)
  矢島 道子
  4860640667
  ベレ出版
  風間 敏
  山田 俊弘
  八耳 俊文
  自然地理学
  一般向け



【関連図書】


星の古記録(岩波新書)

測り方の科学史Ⅱ 原子から素粒…

図説科学史入門((ちくま新書1…

天気と気象についてわかっている…

基礎地球科学

新しい科学論―「事実」は理論を…


posted by BookReviewer at 21:09| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする