2018年03月30日

三谷幸喜はどう描くか



谷幸喜はどう描くか? 堺雅人はどう演じるか? 来年の大河ドラマを「先読み」する ◎内容紹介◎ 主演・堺雅人、脚本・三谷幸喜。2016年の大河ドラマ『真田丸』が早くも話題になっている。 これまでもN...続きは本文で

【 著者 】 渡邊大門
【 評価 】 2.4
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
三谷幸喜はどう描くか?
堺雅人はどう演じるか?
来年の大河ドラマを「先読み」する


◎内容紹介◎
主演・堺雅人、脚本・三谷幸喜。2016年の大河ドラマ『真田丸』が早くも話題になっている。
これまでもNHKの人形劇「真田十勇士」や、井上靖『真田軍記』、池波正太郎『真田太平記』などの作品で、真田幸村(信繁)は英雄として描かれてきた。
“非正規"の一牢人にすぎない幸村が、さまざまな秘策で天下人・徳川家康を窮地に陥れる――その痛快無比な物語に我々は魅了されてきた。
だが、それは「史実」なのだろうか? 多くの逸話・伝説が残る幸村像を、気鋭の歴史作家が新しく塗り替える! 大河ドラマの副読本にして最高の解説書、ここに誕生。


◎目次◎
第一章 真田一族と関ヶ原合戦
第二章 高野山へ
第三章 貧困に喘ぐ信繁
第四章 大坂城入城の謎
第五章 大坂冬の陣と真田丸
第六章 〝軍師〟信繁と真田十勇士
第七章 真田丸での激闘
第八章 和睦へ
第九章 真田丸の破却
第十章 大坂夏の陣
第十一章 信繁の最期
終章 ヒーローは死なない


◎著者プロフィール◎
歴史学者。
1967年神奈川県生まれ。1990年、関西学院大学文学部史学科日本史学専攻卒業。2008年、佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。
著書に、『こんなに面白いと思わなかった! 関ヶ原の戦い』(光文社知恵の森文庫)、『謎とき 東北の関ヶ原 上杉景勝と伊達政宗』(光文社新書)、『真田幸村と真田丸 大坂の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など多数。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:263ページ
出版社:光文社
言語:日本語
商品パッケージの寸法:17.2 x 10.5 x 2 cm

【本書のキーワード】
  光文社
  日本史
  個人伝記.日本
  渡邊 大門
  戦国・安土桃山時代
  真田幸村と真田丸の真実 徳川家康が恐れた名将 (光文社新書)
  4334038840
  0221
  個人伝記



【関連図書】


真田幸村家康をもっとも追いつめ…

真田丸の謎戦国時代を「城」で読…

真田四代と信繁(平凡社新書)

真田信繁「勝利」への条件:“知…

こんなに面白いとは思わなかった…

地形で読み解く「真田三代」最強…


posted by BookReviewer at 06:35| 新書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする