2018年03月18日

野蛮な読書 (集英社文庫)【平松洋子】



冊の書物から導かれるように読書の世界へ分け入っていく。野蛮なる読書の真髄と快楽を余すことなく綴った1年間、怒涛の103冊。食や暮らしのエッセイで人気の著者初の読書エッセイ。(解説/嵐山光三郎)...続きは本文で

【 著者 】 平松洋子
【 評価 】 4.4
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
一冊の書物から導かれるように読書の世界へ分け入っていく。野蛮なる読書の真髄と快楽を余すことなく綴った1年間、怒涛の103冊。食や暮らしのエッセイで人気の著者初の読書エッセイ。(解説/嵐山光三郎)



【本を見る】
アマゾン
アマゾン
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:301ページ
出版社:集英社
言語:日本語
梱包サイズ:15.2 x 10.6 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  野蛮な読書 (集英社文庫)
  4087452379
  集英社
  日本文学
  近代:明治以後
  〔は行の著者〕
  平松 洋子
  0195
  随筆



【関連図書】


忙しい日でも、おなかは空く。(…

おとなの味(新潮文庫)

夜中にジャムを煮る(新潮文庫)

平松洋子の台所(新潮文庫)

おもたせ暦(新潮文庫)

買えない味(ちくま文庫)


posted by BookReviewer at 16:00| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする