2018年03月15日

平成大暴落の真相―意図された中堅階層の崩壊【落合莞爾】



価・株価の大暴落は「バブル経済の崩壊」などではなく、周到に計画された三重野暴落である。その意図は日本の経済社会の活力を削ぐことにあり、これで直接の大打撃を受けたのは、エリート・サラリーマンや自営業主そ...続きは本文で

【 著者 】 落合莞爾
【 評価 】 3.6
立ち読みはこちらから
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
地価・株価の大暴落は「バブル経済の崩壊」などではなく、周到に計画された三重野暴落である。その意図は日本の経済社会の活力を削ぐことにあり、これで直接の大打撃を受けたのは、エリート・サラリーマンや自営業主そのものなのである。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:187ページ
出版社:東興書院 (1992/01)
言語:日本語
発売日:1992/01
梱包サイズ:17.5 x 11 x 1 cm

【本書のキーワード】
  東興書院
  金融・銀行政策.金融統制
  経済史・事情 経済体制
  一般向け
  落合 莞爾
  経済
  4924808164
  昭和時代後期.平成時代 1945-
  平成大暴落の真相―意図された中堅階層の崩壊
  日本経済事情



【関連図書】


日本皇統が創めたハプスブルク大…

國體アヘンの正体大日本帝国を陰…

日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制…

ワンワールドと明治日本(落合秘…

金融ワンワールド 地球経済の管…

天孫皇統になりすましたユダヤ十…


posted by BookReviewer at 00:43| 投資・金融・会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする