2018年03月14日

なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)【若宮健】



チンコによる被害が叫ばれて久しい。依存症でサラ金、闇金の借金まみれになった末に家庭崩壊、自殺という例は跡を絶たず、炎暑下の赤ちゃん車中置き去り死亡事故も相変わらずである。著者は長年、パチンコ依存症の問...続きは本文で

【 著者 】 若宮健
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
パチンコによる被害が叫ばれて久しい。依存症でサラ金、闇金の借金まみれになった末に家庭崩壊、自殺という例は跡を絶たず、炎暑下の赤ちゃん車中置き去り死亡事故も相変わらずである。著者は長年、パチンコ依存症の問題を取材してきたが、2006年暮れ、たまたま旅行した韓国で、パチンコが全廃され、すべての店舗が姿を消しているのを目にした。ところが驚いたことは、日本に帰ってきて新聞雑誌をみても、そのことを報じている新聞は皆無で、そのことを知っている識者も誰もいなかったことである。
日本では、政界、警察、広告、メディアがパチンコ業界と癒着して、抜き差しならない関係になっていることは、およそ薄々知られているが、それならなぜ、韓国ではそれが全廃できたのか、日本と韓国とでは、何が違って何が共通していたのか、ますます疑問を深めた著者は、再び韓国に渡り、事情を取材して歩いた。
本書は、そんな韓国のパチンコ事情の報告に加えて、日本におけるパチンコを取り巻く種々の問題点を取り上げ、パチンコ廃止の必要性を世に訴える。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:215ページ
出版社:祥伝社
梱包サイズ:17.2 x 11 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  商業
  Bbunko-910
  レジャー産業
  なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)
  祥伝社
  小売業を中心とした流通産業
  風俗遊戯場の経営
  カラオケボックス
  ゲーム センター
  サービス産業
  若宮 健
  遊技場:パチンコ店
  レンタルビデオショップ
  4396112262



【関連図書】


パチンコに日本人は20年で54…

パチンコ「30兆円の闇」(小学…

カジノ解禁が日本を亡ぼす(祥伝…

ギャンブル依存国家・日本パチン…

ギャンブル依存症(生活人新書)

脱パチンコ【増補版】──元パチ…


posted by BookReviewer at 10:40| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする